校名由来等 of 秋田県立能代松陽高等学校

kousyou.jpg秋田県立能代松陽高等学校
   (あきたけんりつ のしろしょうよう こうとうがっこう)

HOME > 学校紹介 > 校名由来等

校名「(しょうよう)」の由来

 校名については、校名公募の結果をもとに、平成24年7月、「秋田県立能代松陽高等学校」に決定しました。「」は能代のシンボル「風の松原」を示しています。また、常緑の「松」のイメージは若者たちの元気ではつらつとした姿と重なるとともに、志を貫き節を曲げない生き方に通じます。「」は明るく活気あふれる校風への期待と、高い理想を掲げて努力する姿を表しています。

教育理念

グローバルな視野で未来を切り拓く力を持つ人間の育成
「ディベート力」と「プレゼンテーション力」の養成を教育の柱として

 教育理念は、「グローバルな視野で未来を切り拓く力を持つ人間の育成」です。この教育理念実現のため、「地球規模で考え、足元から行動しよう」を基本に、教育活動全体を通じて、未来を切り拓く人材の育成に努めます。
 サブテーマとして、「『ディベート力』と『プレゼンテーション力』の養成を教育の柱として」とうたっています。「ディベート力」とは、自分の考えを整理し、相手に分かりやすく伝える力のことです。「プレゼンテーション力」とは、調査・研究したことをまとめ、整理して効果的に発表する力のことです。

校章

kousyou.jpg 緑は「松」、オレンジは「太陽」であり、高い理想を掲げてグローバルに活躍できるたくましい人間を表しています。また、2色の重なった部分は2校の統合を示すとともに、多くを学び吸収することを意味する濃い青となっています。篆書体の「松陽」が「地球」の中心に位置しており、能代から世界に向けて発信しようとする新しい学校の理念を象徴しています。


校歌

森谷 茂 作詞   川口 洋一郎 作曲
【一】  明けゆく空に 白神の   連なる峰を 仰ぎ見て   光漲(みなぎ)る わが瞳
     清新の意気 爽やかに   集うわれらに 誓いあり   輝く 能代松陽高校
【二】  薫る歴史を 活き活きと   語り伝える 米代が   流れに描く 未来の図   
     碧空(へきくう)高き ふるさとに   学ぶわれらに 栄えあり   伸びゆく 能代松陽高校
【三】  松原越えて 吹く風に   強き意志もて 向かい立つ   英知の海に 船出して
     世界を拓く 理想の灯(ひ)   点(とも)すわれらに 誇りあり   羽ばたく 能代松陽高校

※ 音楽はこちらをクリックしてください。

校訓

 愛校心や自校に対する誇りを更に高め、友人や教職員との精神的結び付きを強めるとともに、学校生活や社会生活を営む上での指針となるように、次のような校訓を制定しました。


 自主 Autonomy; Independence
 当然成すべきことを、自分から進んでやろうとする精神。
 自ら進んで課題を見つけ、解決方法等を考え、自らの責任で物事を成し遂げようとする自主の精神を身に付けてほしいと思います。


 創造 Creativity
 新たなものを自分の考えで創り出そうとする精神。
 失敗を恐れず、新たな課題や困難な事に果敢に挑戦し、新たな価値観や解決方法を創り出し、未来を切り拓こうとする精神を
 身に付けてほしいと思います。


 協働 Collaboration
 様々な個性を持つ者が、何らかの目標を共有し、その共有した目標を達成するために、対等な立場で相互に補完し、
 協力していこうとする精神。
 ある課題を解決するという目標の下、豊かなコミュニケーションを育み、連携・補完することによって新たな発想や解決方法が
 創出されると思います。

 三つの校訓をまとめると、「成すべきことに自ら進んで取り組む心と、新たなものを創り出すという進取の気概を持って、他と協力してたくましく生きていく人間であれ」ということになります。


スクールカラー 「マゼンタ」

 スクールカラー選考のために生徒・職員にアンケートを実施しました。それによると10の基本色の中から「赤紫」を選んだ人が最も多く、これを参考に「マゼンタ」に決定しました。日本語での説明は「あざやかな赤紫」です。

沿革

平成24年 4月 校名を「秋田県立能代松陽高等学校」に決定
平成24年12月 校章制定
平成25年 2月 校歌制定
平成25年 3月 管理・特別教室棟、教室棟完成
平成25年 4月 秋田県立能代北高等学校と能代市立能代商業高等学校が統合し、秋田県立能代松陽高等学校開校する
         普通科、国際コミュニケーション科、情報ビジネス科の3学科を設置
平成25年 4月 第1回入学式
平成25年10月 開校式、校訓制定
平成26年 3月 第1回卒業式
平成26年 4月 第2回入学式
平成26年 8月 第1体育館完成