秋田県立能代松陽高等学校 国際教育部

最終更新日 2017年5月19日

↓クリックするとジャンプします↓

国際教育部の目標

平成29年度年間実施計画及び報告

平成28年度年間実施内容及び実績

平成27年度年間実施内容及び実績

平成26年度年間実施内容及び実績

平成25年度年間実施内容及び実績

環太平洋講座に4名の大学の先生を迎えて(H26) 米国語学研修で(H26) ALTの異国文化紹介を聴く2年生(H27) ロシアの高校生との交流(H27) シンガポール/マレーシア修学旅行(H27) OPRF高校の日本語クラスで(H27) 韓国寧越郡の高校生来校(H27) OPRF高校の留学生と(H28)

◇国際教育部の目標◇

グローバルな視野を身に付けるために、国際感覚を涵養する

このページのトップに戻る

韓国修学旅行で(H24一期生能代北高時代) マーシャルの袋ラーメン(H25) ロシア訪問時の土産店で(H26) OPRFの生徒来校(H28) OPRF高校ののスクールバスで(H28)

 目標達成のための具体策

(1)国際交流を促進させる

(2)専門家や経験者の話を聞く機会を設ける

(3)外国語による表現能力を高める




 

◇平成29年度年間実施計画と報告◇

このページのトップに戻る

↓↓月をクリックするとジャンプします。↓↓

5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

<5月>

第1回国際理解講座
今年度も、のしろ日本語学習会代表の北川裕子先生に来ていただいて、1年生を対象に講座を開きました。


<<生徒の感想から>>
「ことばをきちんと学ぶことは大切!国より個人で関わることも大切!」
「自分のこと、自分の国、自分の地域のことについてもっと知るべきだと思いました。」
「国のイメージだけで決めつけず、個人個人とかかわりあっていくことが大切なのだと思いました。」
「私もたくさんの人とコミュニケーションが取れるようになり、一人の人間として接してみることを大切にしたいです。」

寧越郡石正女子高生徒との交流
現在参加者募集中です。5月中の開始を予定しています。


世界一大きな授業2017
今年も参加する予定で準備しています。
このページのトップに戻る

<6月>

短期留学生受け入れ(中旬〜7月末、3名の予定)
ロシア・ウラジオストクの高校生来校(下旬の予定)
外務省高校講座(下旬の予定)

<7月>



<8月>


<9月>

第2回国際理解講座(1年生)
第3回国際理解講座(環太平洋講座:2年生)
このページのトップに戻る

<10月>

米国語学研修参加者募集開始
全日本中国語スピーチコンテスト宮城県大会

<11月>

ロシア語スピーチコンテスト(札幌)


<12月>

話してみよう韓国語青森大会

<1月>

米国語学研修

<2月>

米国語学研修報告会

<3月>

米国語学研修報告会


 

◇平成28年度年間実施内容と報告◇


このページのトップに戻る

↓↓随時更新します。月をクリックするとジャンプします。↓↓

5月 6月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

<5月>

世界一大きな授業2016参加
5月30日に国コミ科の2年生を対象に実施しました。


「文字が読めないことの大変さ」を感じるためのアクティビティなどを通して、教育の大切さや教育が行き届いていない世界の状況などについて学びました。

このページのトップに戻る

<6月>

第1回国際理解講座
6月9日に実施しました。今年ものしろ日本語学習会代表の北川裕子先生に来ていただきました。


≪生徒の感想から≫
「今まで身近で、親が外国人の友達はいたけど、日本語を話せるのは当たり前だと思っていたので、今日の講話でそういう考えは違っていたことがわかりました。」
「日本語って難しいなと思いました」
「私も何かできることがあるのではないかと思った」
「私も人のために働けるようになりたい」
OPRF高校生徒来校
オークパーク・アンド・リバーフォレスト高校(OPRF高校)から26名の留学生と3名の先生たちが2週間本校に滞在しました。
一緒に松陽祭の準備をしたり、松陽祭に参加したり、授業に参加したりして本校生徒と交流を深めました。


北羽新報でプレゼンテーションをしているところお別れパーティーの様子が取り上げられました。

ロシア青少年交流で6名ウラジオストクへ
2年前から県が主催で行っているロシア青少年交流事業で本校の3年生6名(国コミ科4名、普通科2名)がロシアのウラジオストクを訪問し、
ホームステイなどをしながら1週間滞在し、現地の高校生と交流を深めました。

このページのトップに戻る

<8月>

第1回国際理解検定
8月22日に実施しました。問題はこちら
韓国の高校生とSNS交流
韓国の寧越郡にある石正女子高校の生徒との交流を始めました。
韓国語を履修していない生徒も含めてLINEでやりとりをしています。
英語弁論・暗唱大会
29日(月)弁論の部に1年生1名、暗唱の部に1年生1名が参加しましたが、残念ながら入賞はなりませんでした。

このページのトップに戻る

<9月>

英語集中セミナー
国際コミュニケーション科2年生36名が参加しました。
学生さんたちのウェルカムボード グループに分かれてディスカッション 英語でプレゼン中 最後に全員で記念写真
今年度は3日間、国際教養大学におじゃまして、学生さんたちといっしょに英語を使った活動に取り組みました。
このページのトップに戻る
第2回国際理解講座
9月8日(木)に1年生を対象に実施しました。昨年に引き続き、秋田県企画振興部国際課国際交流員のキムさんと、本校で中国語を教えている宮先生、ロシア語を教えているアンナ先生の3名から 韓国・中国・ロシアの3か国の文化や言葉について紹介をしてもらいました。

≪生徒のメモから≫
 ◇ロシアについて◇
 日本の45倍の広さ/多民族国家(160)/一番寒いところ−60℃、一番暑いところ45℃/
 チェブラーシカ/マトリョーシカ/9月1日に学校が始まる/ヨーロッパとアジアの境がある

 ◇中国について◇
 人口世界一(13億8400万人)/赤が好き(縁起がいい)/人気の数字は8/お正月は餃子/
 面積は3位/誕生日には麺を食べる/56民族

 ◇韓国について◇
 誕生日にはわかめスープ/大学修学能力試験/新年度は3月から/パジチョゴリとチマチョゴリ/
 言語は韓国語、文字はハングル/高校で給食がある/オンドル/食器は手で持たない


≪生徒の感想から≫
ニュースやテレビ番組などで外国のことをある程度知っているつもりでしたが、知らないことばかりでした。
韓国の生徒達は朝から夜まで勉強していてすごいと思いました。
3人の先生たちが日本語で私たちにわかりやすく伝えようとしてくれているところがうれしかった。
日本と比べることができてためになった。
ロシア語で自分の名前を書けるようになって楽しかった。
韓国と中国は近いけれど言語があまり似ていないのが不思議だと思った。
中国の国旗にはいろいろな意味があるのだということが興味深かった。

地域に貢献できる「日露交流プログラム」
財団法人国際文化フォーラム主催のプログラムで本校2年生、上村さんと大谷さんの2名がロシア(モスクワ・ノヴォシビルスク)を訪問しました。


現地のニュースサイトでも交流のことが取り上げられました。写真3枚目の集合写真に本校生徒2名とアンナ先生が写っています。

北羽新報の記事でもこの訪問が取り上げられました。
このページのトップに戻る

<10月>

あきた国際フェスティバル
10月1日(土)に秋田市御所野のイオンモール秋田のセントラルコートで行われた「あきた国際フェスティバル」で、6月にロシアを訪問した3年生を中心に8名の本校生徒が発表しました。
くわしくはこちらのパンフレットをご覧ください。(下の方に書いてあります)

日韓高校生交流
文科省主催の「平成28年度 日韓高校生交流事業」で普通科2年生の鈴木さんが韓国で地元の高校生たちと交流してきました。
本校からの派遣は4年連続になります。

このことに関する記事が北羽新報で取り上げられました。
このページのトップに戻る

<11月>

2016年度JICA東北 高校生国際協力実体験プログラム

国際コミュニケーション科2年生の工藤さんと沼口さんが12日(土)〜13日(日)に山形市で開かれた国際協力実体験プログラムに参加してきました。
東北5県(青森・岩手・宮城・秋田・山形)の高校生約40名と一緒にワークショップ等に取り組みました。
他校の生徒達と一緒に国際協力について考えを交換したりして視野を広げることができました。
ルワンダからの留学生と質疑応答しているところ アクションプランについて説明している沼口さん アクションプランについて説明している工藤さん 全体の感想を述べる沼口さん
このことに関する記事が北羽新報で取り上げられました。

当日の様子がJICA東北のHPに掲載されていますのでご覧ください。

第3回国際理解講座(環太平洋講座)
今年度は「アメリカと日本」「韓国と日本」の関係について2日に分けて(24日と25日)実施しました。
問題提起のプレゼンテーション(24日) 生徒に質問を投げかける秋葉先生(24日) 質問をする生徒1(24日) 質問をする生徒2(24日) 生徒へのアンケートから作成した問題提起のプレゼンテーション(25日) 質問に答える崔先生と鈴木さん(25日)
1日目は国際教養大の秋葉先生をお迎えし、「アメリカ大統領選挙の結果と日米関係について」「辺野古問題と日米関係」についてお話をしていただきました。
2日目は同じく国際教養大の崔先生をお迎えし、「従軍慰安婦問題について」「竹島問題について」を中心に日韓関係についてのお話をしていただきました。
2日目は日韓高校生交流事業に参加した鈴木さんにもパネリストとして参加してもらい、韓国の様子について話してもらいました。
当日の様子の記事が北羽新報で取り上げられました。

≪生徒の感想から≫
「大統領選挙のことは日本の秋田には関係ないと思っていたけれど、TPPなど決して関係ないということはないんだと思った。」
「もっとニュースや新聞を見て勉強をしようと思いました。」
「大統領がトランプさんになったら日米関係が今後どのように変化していくか注目していこうと思いました。」
「アメリカに守ってもらわなくてもいいような平和な世界になってほしいです。」
「米軍がいたらいたで騒音や自然破壊が問題になるし、いないとなると兵役や憲法改正などをしなくてはいけないのでどうしても問題はたくさんあるんだなと思いました。」
「正直今は韓国人は日本のこと、日本人は韓国のことをあまりよく思ってないと思うので、このような講座を増やしていき、お互いが良好な関係だと思えるようにしていければいいと思った。」
「反日や竹島問題など、韓国には少し怖いイメージがあったのですが、少しそのイメージも変わりました。」
「韓国には様々な問題があり、日本とかかわりの深いものもあるので、今後どのように進んで行くのかをしっかり見ていきたいと思った。」

第48回全道ロシア語弁論大会
26日(土)に国際コミュニケーション科3年生の佐藤さんと芹田君が札幌で開かれたスピーチコンテストに参加しました。
昨年に続いて佐藤さんが「在札幌ロシア連邦総領事館賞」をいただきました。
このページのトップに戻る

<12月>

「World Christmas Party」
12月10日(土)秋田市のジョイナスで開かれた、AIA異文化交流カフェ 「World Christmas Party〜世界のクリスマス〜」にロシア語履修者が参加しました。
韓国語スキット校内発表会
「話してみよう韓国語」のスキット原稿を使って発表をしました。2年生の韓国語履修者のうち22名(11ペア)が参加しました。
審査員として秋田県企画振興部国際課国際交流員のキムさんにも来ていただきました。
第40回 秋田県高等学校国際教育研究協議会研修会
16日(金)に2年生の鈴木さんが10月に参加した「日韓高校生交流事業」で学んだことについて発表しました。
在札幌米国領事館領事来校
16日(金)在札幌米国領事館領事のハービー・ビーズリー広報文化交流担当領事と領事館職員の牛丸さんが来校しました。
普通・国際コミュニケーション科1年生と、国際コミュニケーション科2年生が、留学の意義・海外経験や外国語習得の重要性などについての話を聞きました。
生徒に問いかけるビーズリーさん ビーズリーさんと牛丸さん 放課後にも2年生の質問に答えてもらいました
話してみよう韓国語青森大会
17日(土)に青森市の青森県水産ビルで行われた「第12回話してみよう韓国語青森大会」に2年生4名(国コミ科2名、普通科2名)が参加しました。

竹島・武田ペア 奥山・鈴木ペア 全員で記念撮影
残念ながら今年も入賞はなりませんでしたが、いろいろな刺激を受けて帰ってきました。来年度に向けてまた頑張ります。
このページのトップに戻る

<1月>

第2回国際理解検定
1月13日に実施しました。問題はこちら
国際理解・国際教育のための英語弁論大会
1月18日に本校を会場に行われました。本校からは1年生の柴田さんと2年生の沼口さんが出場しましたが、惜しくも入賞はなりませんでした。
米国語学研修(22名参加)
アメリカ イリノイ州のオークパーク市で研修してきました。旅程はこちらをどうぞ。

結団式後(1/27) 成田空港で(1/28) 日本語クラスで自己紹介中(1/30) 小学校で交流中 中学校でプレゼン中 高校の日本語クラスで 日本祭りの様子(2/4) さよならパーティ(2/11)

結団式の様子が北羽新報で取り上げられました。

このページのトップに戻る

<2月>

韓国寧越郡の高校生と交流
ユースパル主催のニューリーダーセミナーに生徒会執行部員2人が参加し、夜の交流会で寧越郡の高校生と交流をしました。


米国語学研修報告会(2/23)
1年生が米国語学研修の報告をしました。


報告会の様子が北羽新報で紹介されました(下の方にあります)。

北羽新報の記事で報告会の様子等が紹介されました。

北羽新報で参加者の感想文が紹介されました。
1年生の感想文
2年生の感想文

<3月>

米国語学研修報告会(3/2)
2年生が米国語学研修の報告をしました。


画像だけでなく、現地で撮影した映像も使ってアメリカの様子を伝えていました。

このページのトップに戻る

 

◇平成27年度年間実施内容及び報告◇


このページのトップに戻る

↓↓平成27年度はこんなことをしました。月をクリックするとジャンプします。↓↓

5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

<5月>

第1回国際理解講座(1年生)
5月21日に実施しました。今年度も「のしろ日本語学習会」代表の北川先生にお話をしていただきました。

あらかじめ朝学習で取り組んだ「日本語の助詞を選ぶ問題」の答え合わせをしたり、先生が「日本語を教えるようになったきっかけ」や「日本人としてどう外国人と付き合うべきか」など大変興味深いお話を聞いたりすることができました。生徒達もいろいろなことを考えたようでした。

<<生徒の主な感想を紹介します。>>

「自分も普段から日本語の使い方を意識していきたいです」
「外国語を学ぶ時は言葉だけでなく、その背景にある文化も知るようにするのが大事だと思った」
「自分も外国語を勉強するが、自国の理解をまず先にしなければいけないんだと知りました」
「戦争はあってはならないと思いました」
「国際理解をすることは人間理解につながるということがわかりました」
「みんな違ってみんないい」
世界一大きな授業2015
感想と政策提言を書いているところ(その1) 感想と政策提言を書いているところ(その2)
国際コミュニケーション科2年生が世界一大きな授業2015に参加しました。
教育を受ける環境にない子どもたちの現実や識字率の低い地域、教育予算と軍事予算の割合などについて学びました。
本校生が書いた政策提言や感想の一部が同HPに載りました。

このページのトップに戻る

<6月>

マカオからのお客様来校
本校でロシア語を教えているアンナ先生の知り合いのチャン・カマンさんが本校を訪れ、中国語や英語の授業に参加してくださいました。
チャンさんは現在マカオにある会社にお勤めで、日本のプラモデルやPCVフィギュアのメーカーと中国の工場を仲介して、
商品開発から生産管理までの仕事をしているそうです。
中国語だけでなく、英語や日本語もできる方で、生徒達は授業で中国語や英語を使って質疑応答などを行いました。
チャン・カマンさん
チャンさんからのメッセージ原文はこちら(pdf)(英文です)。
短期留学生受け入れ(アメリカ)
アメリカから4名の高校生が6月25日〜7月21日の終業式まで本校で授業に参加しました。
一緒に授業を受けたりしながらお互いの文化について知る良い経験ができました。
野球応援にも積極的に参加してくれました。
一緒にランチ 一緒に野球応援 空港で涙のお別れ(8月4日)
中国語スピーチコンテスト・ロシア語スピーチコンテスト出場
国際コミュニケーション科3年の加賀さんが麗澤大学主催の第4回高校生のための中国語スピーチコンテスト朗読部門で優秀賞をいただきました。

また、同じく国際コミュニケーション科3年の秋穂さんと普通科2年生の川崎君が第15回新潟・ロシア語スピーチコンテストに参加しました。
秋穂さんは入門B部門(3分間のスピーチ)、川崎君は入門A部門(暗唱)に参加しましたが、惜しくも入賞はなりませんでした。

このページのトップに戻る

<7月>

7月22日〜24日秋田県の青少年交流事業でロシアの高校生6名と教師2名が来校し、本校生徒と交流をしました。
書道部員と書道体験 七夕のシャチに絵付け
茶道部との交流の様子が7月24日の北羽新報で紹介されました。

<8月>

第1回国際理解検定
21日に全校一斉に行いました。問題はこちらをクリック。
英語集中セミナー
今年度は8月29日(土)〜30日(日)にユースパルで実施しました。時期的な問題もあってか、国コミ科2年生のみの参加となりましたが、1泊2日でたっぷり英語に触れることができました。
ALTや留学生と対面 留学生のお国紹介 スキット上演中 日程を終了して全員で記念撮影

このページのトップに戻る

<9月>

第2回国際理解講座
9月3日に1年生全員を対象に実施しました。
本校の第2外国語教員2名に加えて、秋田県庁企画振興局国際課から国際交流員の方に来ていただいて、韓国・中国・ロシアについて紹介していただきました。
貴重なお話を聞いて、それぞれの国についての知識を深めました。また、来年度の学科選択や科目選択の参考にすることができました。
アンナ先生からロシアについて CIRのキム・ナンギョンさんから韓国について 宮先生から中国について

<<生徒の主な感想を紹介します>>

「国が違っても、気持ちの感じ方などは一緒なのでいろいろな国の人たちと話してみたいし、逆に日本のことについても他の国の人に説明できるくらい知らないといけないと思いました」
「行事の日が国によって違っていると知って、他の国と比べてみなければわからないことが多いと思った」
「最近はどの国も多文化社会になっていると思った」
「韓国は日本と近いのに、だいぶ生活感が違うと感じた」
「ロシアに行ってクレープ祭りに参加してみたい」
「中国では予想以上に人口や民族が多かったので驚いた」

このページのトップに戻る

<10月>

平成27年度日韓高校生交流(派遣)事業
文科省の事業で本県代表として本校から国際コミュニケーション科2年の伊藤さんが参加しました。本校からは3年連続の参加となりました。
通訳の話を聞く伊藤さん
海外修学旅行
希望者48名がシンガポール/マレーシアに行ってきました。


このページのトップに戻る

<11月>

第3回国際理解講座「環太平洋講座」(2年生)
11月19日に2年生全員を対象に行いました。今年度で第3回になりました。
昨年に引き続き、秋田大学から中村先生(ロシア担当)、弘前大学から荷見先生(中国担当)、国際教養大から秋葉先生(アメリカ担当)と崔先生(韓国担当)の計4氏をお迎えしました。
代表生徒が尖閣諸島の問題についてプレゼン中 代表生徒が日中・日韓・日露の関係についてプレゼン中 韓日関係について崔先生から説明をしていただいているところ 情ビ代表生徒が少子化対策についてのプレゼン中

第1部「戦後70年目を迎えた日本と近隣諸国との関係」、第2部「2040年の各国の人口・移民・民族問題」に分けて、それぞれ生徒がプレゼンテーションをして、大学の先生方にはそれに関する質問への回答やコメントをしていただきました。
第47回全道ロシア語弁論大会
28日(土)に旧北海道庁でロシア語弁論大会が開かれ、国際コミュニケーション科2年の大津君と佐藤さんがBクラスの部に参加しました。
佐藤さんが在札幌ロシア連邦総領事館賞を受賞しました。

大会要項はこちらをクリック。
大会の様子がサハリンのニュースサイトで紹介されました。(上から3枚目が本校生徒とアンナ先生)


このページのトップに戻る

<12月>

第39回 秋田県高等学校国際教育研究協議会研修会
12日(土)に大曲で開かれた研修会で、国際コミュニケーション科2年の伊藤さんが10月に韓国に行った時のことを発表しました。
発表する伊藤さん
第11回「話してみよう韓国語」青森大会(韓国語履修者)
20日(日)予選を通過した2組4名が弘前市で行われる本選に参加しました。残念ながら入賞はできませんでしたが、練習の成果を発揮してきました。

参加した4人 スキット発表中の近藤・柴田ペア スキット発表中の大塚・笠原ペア

このページのトップに戻る

<1月>

第2回国際理解検定(1,2年生)
13日に1,2年生対象に行いました。問題はこちらをクリック。
国際理解・国際協力のための英語弁論大会
18日に本校で審査が行われました。本校からは2名が参加(全県で10名)し、1年生の沼口さんが見事最優秀賞に輝きました。
北羽新報の記事はこちらをクリック。
米国語学研修(希望者24名)
今年度もアメリカ・イリノイ州のオークパーク・アンド・リバーフォレスト高校を中心に語学研修を行いました。 旅程表はこちらをクリック。


学校出発前の様子 小学校でのプレゼンの様子 高校でのプレゼンの様子 お菓子のお寿司セットを作っているところ 日本祭りでの様子1 日本祭りでの様子2 校長先生も一緒に記念撮影 お別れパーティーで

17日間の研修を終えて、2月8日に無事帰ってきました。
この後、研修の成果を校内外に向けて発信する予定です。


このページのトップに戻る

<2月>

2016寧越郡青少年日本文化体験プロジェクトで韓国の高校生来校
韓国の寧越郡の高校生15名が本校生徒と交流をするために来校しました。
本校からは9名の生徒が参加して交流を深めました。

韓国の生徒たちと歓談する本校生1 韓国の生徒たちと歓談する本校生2 韓国の生徒たちと歓談する本校生3

当日の様子が北羽新報の記事になりました。
このページのトップに戻る
あきたロシア音楽祭
2月13日(土)アトリオン音楽ホールで開かれた第17回あきたロシア音楽祭にアンナ先生、ALTのアレックス先生と本校生徒が参加しました。
今年で3年目になりました。

アンナ先生とアレックス先生 一般の皆さんと一緒に合唱 発表をするロシア語履修生徒その1 発表をするロシア語履修生徒その2

ロシア語の歌だけでなく、授業で学んだロシア語や学校の取り組みなどの発表も行いました。
放課後に練習を重ねたかいもあり、好評でした。当日のアンケートの集計結果はこちらでどうぞ。

クリックするとpdfが見られます
このページのトップに戻る
米国語学研修報告会(1年生)
2月25日(木)に1年生の研修参加者7名が1年生全体に対して研修の報告をしました。
報告の後には様々な質問に答えて、参加しなかった生徒たちにアメリカの様子を伝えることができました。

スライドを使って現地の様子を説明する1年生 スライドを使って現地の様子を説明する1年生

このページのトップに戻る

<3月>

米国語学研修報告会(2年生)
3月17日(木)に2年生の研修参加者15名が2年生全体に対して研修の報告をしました。

シカゴピザ 学校の様子について発表中 食生活の違いについて発表中


 

◇平成26年度年間実施内容及び報告◇


このページのトップに戻る

↓↓平成26年度はこんなことをしました。月をクリックするとジャンプします。↓↓

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月

<4月>

留学生受け入れ
フィンランドからの留学生が12月まで一緒に勉強しました。4月11日北羽新報にインタビューが載りました。

<5月>

世界一大きな授業2014
国コミ科3年生が「世界一大きな授業2014《(別ウィンドウにリンクします)を実施しました。(5月8日)
政府やNGOに対して提案を書いているところ1 政府やNGOに対して提案を書いているところ2

国際理解講座@
EUがやってくる(5月13日)詳しい要項(pdf)はこちらをクリック
全校生徒に対して講演しているところ 放課後に英語懇談を行っているところ

このページのトップに戻る
国際理解講座A
北川先生(のしろ日本語学習会代表)のお話 (5月29日)
昨年度に引き続き、北川先生に「日本語教室での体験などを通して感じた国際交流のあり方《などについて、1年生全員を対象に、お話をしていただきました。
お話をしている北川先生 真剣な表情で話を聞く1年生
≪主な感想を紹介します。≫
国際交流は「人間交流《だという言葉が印象に残りました。/自分は日本の文化を伝えられる日本人になれるよう努力していきたい。/
「大人になって親を責めることになる社会はいけない《という言葉が印象に残りました。/
定住者、永住者、帰化についてのことや相手との接し方などを学びました。/
今回の講話を聞いて言葉の大切さがわかりました。/
「言葉は道具ではなく、心と知性を表す《ということがとても印象に残っています。/
個人的にあの教室へ行って外国の方に日本を知ってもらえるように、そして私も日本をもっと知ることができるように通ってみたいと思いました。

このページのトップに戻る

<6月>

アメリカの高校生来校
今年1月〜2月に本校生がお世話になったOak Park and River Forest 高校の生徒
26名が本校に2週間滞在しました。(16日〜29日)
本校生徒や地域の小中学生、地域の方々といろいろな交流をおこないました。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
留学生のメッセージなどはこちらをクリック→コクリカ坂(国際教育部通信No.3 pdf)
歓迎式の様子 本校茶道部と一緒に 松陽祭英語部企画の前で 本校書道部と一緒に アメリカ文化についてのプレゼンの様子

本校ALTアレックスの妹さんVictoriaさんが3週間ほど本校の1年生と授業を一緒に受けました。
1年生と一緒に授業を受けるビクトリア

このページのトップに戻る

<7月>

ロシア青少年交流プログラム
県の事業で本校生徒6名がロシアのウラジオストクで現地の高校生らとの交流をおこなってきました。
現地の生徒と一緒に

<8月>

第1回国際理解検定
8月21日に実施しました。
英語弁論・暗唱大会
8月25日に実施しました。残念ながら入賞なりませんでした。

このページのトップに戻る

<9月>

国際理解講座
9月4日 韓国・中国・ロシアについて、本校でそれぞれの国の言葉の授業をしている教員が紹介をしました。
1年生は来年の学科選択や第2外国語選択の参考にするために熱心に話を聞きました。
韓国の紹介(原田先生) 中国の紹介(宮先生) ロシアの紹介(アンナ先生)

英語集中セミナー
9月27日と28日の2日間、あきた白神体験センターで2年国コミ(+希望者)対象で英語漬けの研修を行いました。
能代市在住のALTや国際教養大の留学生とグループディスカッションやゲームをして楽しみました。
当日の日程(pdf)はこちら
プレゼンの内容に関するQ&A AIUの留学生が紹介してくれたゲームをしているところ 各グループの代表が発表しているところ


このページのトップに戻る

<10月>

全商英語スピーチコンテスト秋田県予選
情報ビジネス科3年生の櫻田君が見事2位に入賞しました!
平成26年度日韓高校生交流(派遣)事業
2年生国際コミュニケーション科の櫻田さんが韓国の高校生と交流してきました。
ロシアの音楽団体来校
ロシアから公演のために秋田入りしていた伝統民族吹奏楽団「ヴィシェンカ《が10月22日に本校を訪れ、演奏や歌を披露してくれました。
歌とダンス 歌と楽器演奏 本校生徒も混じってステージ上でダンス
本校1年生全員と3年生のロシア語履修生徒が参加し、本校からは空手の演武と書道パフォーマンスを披露し、3年生ロシア語選択者のプレゼンテーションの後、質疑応答等を行いました。
空手部の練習試合 書道部のパフォーマンス 質疑応答の様子
また、放課後には有志の生徒がロシア人生徒達と交流会を行いました。
積極的に交流中 すっかり意気投合

このページのトップに戻る

<11月>

世界一大きな授業2014参加証明書
5月に実施した「世界一大きな授業2014《の参加証明書が届きました!!
参加証明書
今年度日本では47都道府県で716校・グループ、69,151人が参加したそうです。


環太平洋講座
11月20日(木)2年生を対象に平成26年度環太平洋国際理解講座を実施しました。
平成24年度能代北高校時代から数えて3年目になりました。
昨年、一昨年に引き続き国際教養大から秋葉先生(アメリカ担当)と崔先生(韓国担当)のお二人の他、
今年は秋田大学から中村先生(ロシア担当)と弘前大学から荷見先生(中国担当)の計4氏をお迎えしました。
質問をする生徒 質問をする生徒 グローバリズムについて問題提起をしているところ
第1部では、生徒達が事前学習の内容を生かしながら各国担当の先生達にいろいろな質問をしたり、先生からの逆質問に答えたりしながら、各国への知識を深めました。
第2部では、「秋田県では移民を受け入れるべきか」というテーマのもとでディベートを行ったりして、グローバリゼーションについて考えることができました。

このページのトップに戻る

<12月>

留学生ローサさんとお別れ会
ローサありがとう!
12月19日(金) 終業式の後、4月から2年A組で一緒に勉強してきたローサさんが母国フィンランドに帰るので、ちょっとしたお別れ会を開きました。
校長先生からローサさんの紹介をしていただき、生徒会から花束を送った後で、ローサさん本人からあいさつをしてもらいました。
すっかり流暢になった日本語を使って、9ヶ月間の思い出などを話してくれました。


第10回「話してみよう韓国語」青森大会
12月21日(日) 国コミ科2年生から6名(3ペア)が出場しました。
スキット発表中 大勢の参加者と一緒に記念撮影 ローサも応援に!
ローサも応援に駆けつけてくれましたが、昨年よりもハイレベルな争いで、残念ながら入賞はなりませんでした。


アメリカ語学研修異文化コミュニケーション講座
12月25日 米国語学研修に参加する生徒が事前研修として異文化コミュニケーションについて学びました。

このページのトップに戻る

<1月>

第2回国際理解検定
1月13日に実施しました。問題サンプル(pdf)はこちらをクリック。
韓国語 調理実習
国際コミュニケーション科3年生の韓国語の授業で、1月15日に実施しました。ホットック(韓国式ホットケーキ?)を作りました。
チャル モッケッスムニダ(いただきます)
第33回 国際理解・国際協力のための英語弁論大会秋田県代表選考会 
1月19日(月)に本校で審査が行われました。
国際コミュニケーション科2年の近藤さんが優秀賞を受賞しました。
アメリカ語学研修
昨年に引き続き、アメリカ イリノイ州 Oak Park and River Forest High Schoolに本校生徒20名が1月24日〜2月9日の日程で研修に行きました。
ホームステイや学校訪問などの異文化交流を通して、多くのことを学んできました。

初日のまだ緊張している様子 日本祭りで プレゼンをしているところ 小学校を訪問してプレゼンをしているところ
旅程(pdf)はこちらをクリック。

このページのトップに戻る

<2月>

第16回あきたロシア音楽祭
2月14日(土)秋田市のアトリオンで開かれた「第16回あきたロシア音楽祭」に本校職員のアンナ先生が参加しました。本校生徒もボランティアで参加しました。
クリックするとpdfファイルが見られます。
アメリカ語学研修 課題研究発表会
2月26日(木)に1年生全体に対して、1年生参加者が発表しました。
1年生の発表の様子その1 1年生の発表の様子その2
2月28日(土)放課後には3年生4名と2年生5名が発表を行いました。5名が英語で4名が日本語で発表しました。

<3月>

姉妹校提携決定
2015年2月6日付でOPRF高校と正式に姉妹校提携を結びました!
今後もさらに交流を深めていきます。
アメリカ語学研修 課題研究発表会その3
3月19日(木) 総合学習の時間に2年生全員に対して、2年生6名が発表を行いました。
2年生の発表の様子 英語でプレゼン中



◇平成25年度年間実施内容及び実績◇


このページのトップに戻る

↓↓平成25年度はこんなことをしました。月をクリックするとジャンプします。↓↓

5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月

米国語学研修で(1月) 国際理解講座(7月) 米国語学研修で(1月)

<5月>

  
国際理解講座@
地元能代で活躍している北川先生から、全校生徒を対象に「日本語教室での体験などを通して感じた国際交流のあり方」などについてお話をしていただきました。

 

<6月>

  
国際理解講座A
フィリピンで青年海外協力隊員として活動してきた田口さんから、フィリピンでの活動や国際的な仕事についてのお話をしていただきました。
青年海外協力隊の方からフィリピンについての話を聞く全校生徒
  
短期留学生受け入れ
アメリカから2名の女子生徒を受け入れました。
アマンダ レイチェル

このページのトップに戻る
 

<7月>

  
国際理解講座特別編
放課後に参加可能な生徒に呼びかけて国際理解講座特別編を開きました。
マーシャル諸島で青年海外協力隊員として活動してきた下平さんからマーシャル諸島での生活の様子や
国際的な仕事についてのお話をしていただきました。
 国際理解講座特別編マーシャル諸島について

平成25年度青少年国際交流
国際コミュニケーション科2年の若狹さんが韓国に行って現地の高校生と交流をしてきました。

 

<8月>

  
校内国際理解検定@
  
秋田県高等学校英語弁論・暗唱大会
弁論の部で国際コミュニケーション科2年五代儀さんが3位に入賞しました。

このページのトップに戻る
 

<9月>

  
英語集中セミナー@あきた白神体験センター
36名が参加して英語集中セミナーを行いました。
今回は国際コミュニケーション科2年生のみの参加となりましたが、国際教養大学の留学生(アメリカ・オーストラリア・シンガポール・モンゴル)や、 県内のALT(アメリカ・イギリス・カナダ)と英語を使っていろいろなことをして楽しみました。
国際教養大留学生の自国紹介(アメリカ)の様子 国際教養大留学生の自国紹介(オーストラリア)の様子

  
国際理解講座B
第3回の国際理解講座は1年生全員を対象に開かれました。
隣国(韓国、中国、ロシア)の事情や歴史・文化について知り、国際理解に役立たせることと、来年度の学科選択や第2外国語選択の判断材料にすることを目的に実施されました。

このページのトップに戻る

<10月>

  
外務省高校講座
外務省国際協力局気候変動課の伊藤さんに来ていただき、外務省の仕事や国際的な仕事についてお話をしていただきました。
外務省の仕事について話を聞く1年生

平成25年度日韓高校生交流(派遣)事業
国際コミュニケーション科2年の大さんと小野さんが日本代表52名のうちの2名として韓国で交流を行ってきました。

修学旅行
修学旅行で国際コミュニケーション科+有志の生徒が関西在住の留学生のみなさんと交流をしてきました。
タイからの留学生と国コミ生徒 シリアからの留学生と国コミ生徒 インドネシアからの留学生と普通科・情ビ科生徒

このページのトップに戻る

<11月>

  
環太平洋講座
2年生全員を対象に、環太平洋講座を開きました。
第1回はアメリカ・韓国・ロシアについて、国際教養大学から2人の先生方に来ていただき、本校ロシア語教員のアンナ先生と一緒に3か国について質疑応答などを行いました。
パネラーの先生方 熱心に話を聞く生徒たち

第2回は中国について学ぶために秋田大学の先生に来ていただきました。
環太平洋講座で中国について学ぶ2年生

このページのトップに戻る

<12月>

  
「話してみよう韓国語」青森大会
授業で韓国語を勉強している国際コミュニケーション科2年生全員が参加しました。
鈴木・鈴木ペアが3位に相当する奨励賞を受賞しました。
ステージ上で発表する本校2年生@弘前大学

このページのトップに戻る
 

<1月>

ロシア料理調理実習
3年生ロシア語最後の授業でカッテージチーズのパンケーキを作りました。
ヨーグルトやジャムをつけて食べました


  
アメリカ語学研修
1月25日〜2月10日のおよそ2週間、
アメリカ、イリノイ州のOak Park and River Forest High Schoolに本校生徒13名が語学研修に行ってきました。

Japan festivalの様子1 Japan festivalの様子2 食事中の様子
国際コミュニケーション科2年生の体験記(pdf)が北羽新報で紹介されました。
  
第32回 国際理解・国際協力のための英語弁論大会秋田県代表選考会
国際コミュニケーション科2年五代儀さんが最優秀賞、
同じく国際コミュニケーション科2年の小林さんが優秀賞に選ばれました。

  
校内国際理解検定A
全商スピーチコンテスト全国大会出場
秋田県代表として、情報ビジネス科2年山崎君がスピーチ部門で、同じく村田さんがレシテーション部門で参加しました。

<2月>

あきたロシア音楽祭
2月11日あきたロシア音楽祭にロシア語担当のアンナ先生と本校生ボランティアが参加しました。
練習の様子がテレビで放送されました。
チラシ

 
このページのトップに戻る